薬剤師求人エージェントで理想の職場ホントに見つかる?

薬剤師として働く上で、理想の環境、待遇の職場を見つけることは非常に重要ですよね。
とはいっても、自分ひとりでそういう転職先を見つけるのは大変!

 

そういうときに役に立つのが薬剤師求人サイトなどの転職エージェント

 

 

薬剤師の求人エージェントって、このサイトでもおすすめの求人エージェントをいくつか紹介していますが、ネットで探してみると、いろいろあるのでどのエージェントに登録すればいいか?迷ってしまう人も多いはず。

 

 

薬剤師求人エージェント毎にそれぞれ、持っている求人内容が違ったり、病院に強い、調剤薬局に強い、ドラッグストア業界に強いなどなどいろいろありますが、エージェントごとの違いというよりも、担当してくれる転職コンサルタント、キャリアアドバイザーの差のほうが強いかな?って、実際に利用してみた経験者としてはそんな風に感じています。

 

 

もちろん薬剤師求人エージェントによって、保有している求人にも違いがあるので、最低でも2つの薬剤師求人サイトに登録、できることなら3つ以上の薬剤師求人サイトに登録しておけば、自分が希望している条件の職場を見つけやすくなります。

 

 

薬剤師求人エージェントのメリットデメリット

薬剤師として転職する際、薬剤師求人サイトを利用する!という人は、特に若い世代を中心に多いですが、薬剤師転職エージェントを活用するメリットとデメリットってどんなものがあるのでしょう?

 

メリットの面では、なんといっても自分で求人を探さなくても自分の希望にあった薬剤師の求人情報を紹介してくれる!という点でしょう。やはり、自分でそういう情報を探すというのはすごく手間がかかるし、職場内の情報などはなかなか知ることはできませんからね。

 

それに加えて、同じ求人でも好条件の求人が多い非公開求人の募集情報にアクセスできるのも強みといえますね。
一般に公開されている薬剤師の求人募集より好条件になっている非公開求人を知らなければ、それだけで好機を逃すことにもなりますからね。

 

 

その一方で、非公開求人でも転職エージェント毎に保有している非公開求人に違いがあるケースがあります。いわゆる“独占非公開求人”というものですが、自社でしか保有していない非公開求人を多数持っているところとそうでないところがあります。
あまり独占非公開求人を持っていない転職エージェントだけに登録をしておくと、理想的な条件の求人に出会えないことにもなるので、どの薬剤師転職エージェントを選んだかで差が出るというのはデメリットといえるかもしれませんね。

 

 

ただ、薬剤師転職エージェントでは、採用には欠かせない履歴書の書き方や面接の指導など薬剤師業界向けの専門性の高いアドバイスを無料で受けられたり、年収など条件面の交渉をしてくれたりするので、使わない理由はみつかりませんね!