調剤薬局の薬剤師の求人傾向

医薬分業もだんだんと定着しているなかで、調剤薬局もかなり業界再編が進んでいます。大手の調剤薬局は、地域の中小の調剤薬局を傘下に買収したりして規模の拡大化を図っています。

 

そんな調剤薬局の薬剤師求人の傾向としては、そうした大手の調剤薬局が門前薬局だけではなく、郊外に調剤薬局を新規にオープンする流れになってきていたり、最近ではドラッグストアの大手、マツモトキヨシが調剤専門の薬局をオープンさせるといったこともあって、全体的に不足傾向にあります。

 

また、地元の中小調剤薬局では、後継者不足ということもあって、廃業したり大手に譲渡したりという流れが出ています。資本力の乏しい調剤薬局では、なかなか高額での薬剤師採用というわけにはいかないですが、パートとして薬剤師を積極的に採用するところも多いです。
パートでの薬剤師募集に関しては、時給も2500円以上などかなり高い時給での募集も多いですし、お休みに関しても融通がきくことも多いです。

 

もちろん、そういう好条件の求人というのはハローワークなどで見つけることは難しいです。薬剤師専門の求人サイトで求人情報を紹介してもらい、さらに自分の条件に合うように交渉をしてもらうことで、より満足のいく条件で働くこともできます。

 

大手の調剤薬局は、だんだんと経営の効率化が加速しているので、コレまで以上に一人当たりの薬剤師に求められる仕事量も増えてきますから、かえって大手よりも中小の調剤薬局などの方が職場環境としては働きやすいかもしれませんね。