総合病院での薬剤師求人の現状

薬剤師さんにとって、総合病院というと、総合病院門前薬局でのお仕事!ってイメージが強いかもしれませんね。

 

正直いって、お給料などの待遇面だけを見てみれば、総合病院内で勤務するよりも総合病院の門前調剤薬局で働く方が高額の年収をもらうことができるでしょう。

 

 

ただ、総合病院内では近年、入院患者さんや退院後の患者さんなどに正しくお薬を使用してもらうための服薬指導に力を入れているところが増えています。
総合病院に行くと、“服薬指導”という言葉をよく見かけるようになりましたよね。

 

総合病院の場合、最初は病棟業務などからスタートになるケースがほとんどですが、キャリアを積むことで管理薬剤師や薬師長として活躍できるケースもあり、そうなれば、年収なども大幅にアップするということもあって、総合病院への転職を目指す薬剤師さんも増えていますし、総合病院側も経験のある薬剤師を求めている傾向があります。



総合病院ではパート、夜間専従のアルバイト募集も!

総合病院は、夜間の救急診療なども行っている病院も多いですから、そういう病院では夜間も勤務できる薬剤師さんを求めています。

 

ただ、なかなか夜勤を喜んでやってくれるという薬剤師さんも少なく、むしろ残業なしの勤務などを希望する人の方が多いため、総合病院では夜勤でのパート、アルバイトの求人、募集をしているところもあります。

 

そういう求人は、給与面など待遇も良いですが、より高待遇での条件で採用されるということであれば、やはり薬剤師求人エージェントなどで紹介を受けるようにしたほうが良いので、薬剤師求人サイトには、少なくても2つには登録しておきたいところですね。

総合病院の薬剤師求人情報

総合病院の求人は、全国で相当数の薬剤師求人があります。
全ての総合病院の求人を紹介することができませんが、いくつか目に付いた総合病院をここで紹介しておきます。

 

 

東京都 世田谷記念病院、 自衛隊中央病院、多摩川病院、としま昭和病院
神奈川県 横浜栄共済病院、たま日吉台病院、茅ヶ崎新北陵病院、綾瀬厚生病院 他多数